自律神経失調症

摂食障害の森

自律神経失調症

原因不明の体調不良になる人がいます。もしからしたら自律神経失調症かもしれません。

私たちの身体の自律神経は、交感神経と副交感神経というふたつの神経から成り立っています。これらの神経はそれぞれ臓器や器官に二重に分布していて、お互いが相反する働きをしながら体のバランスを保っています。

交感神経
体の器官や臓器を活動的にさせる働きがあります。

副交感神経
交感神経が高まり過ぎないようにバランスを取る働きがあります。

自律神経失調症は、極度のストレスや疲れ、不規則な生活習慣などによって、その自律神経のバランスが狂うことで、体のバランスがくずれて、各器官にいろいろな影響を及ぼしてしまう状態のことを自律神経失調症と呼びます。自律神経失調症は、それ自体は病名ではありません。

自律神経失調症は単一の病気ではないため、体調不良で内科や婦人科などで診察しても、原因がわからなかったり、周りの人が症状のつらさを理解しづらい等の問題も起きてしまいます。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状には、

  • めまい
  • 立ちくら
  • 低血圧
  • 下痢
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 神経症不眠
  • 過換気症候群

など、体中のあらゆる場所に、原因がハッキリしない自律神経失調症の症状が表れます。

自律神経失調症の予防と対策

ストレスや悩みの原因を取り除く
自律神経失調症が起こる原因の一番はストレスです。 自分にとって何がストレスの原因なのか、精神的なストレスを取り除くため、十分な休養をとるようにしましょう。

サプリメントや漢方薬
セントジョーンズなど自律神経を調整するハーブのサプリメントや漢方薬を使うのも良いでしょう。サプリメントや漢方薬は食品ですが、薬との併用は問題がある場合もあるので、医師に確認をしてから摂取するようにしましょう。

安心できる何かを見つける
アロマセラピーやペットなど例えば、自分が落ち着く方法やアイテムを見つけて、日常に取り入れましょう。

スポンサーリンク

2010 © 摂食障害の森 allrights reserved.