精神科・神経科 治療や改善、検査など

摂食障害の森

精神科・神経科で治療や検査ができる病医院

スポンサーリンク

精神科・神経科とは、うつ病や神経症などを診る科です。神経症とは、心が原因で心に症状が出る疾患で、例えば人の目が耐えられない視線恐怖症などがあります。もし、自分の心に症状が出てかもと思ったら、精神科・神経科に行くことをお勧めします。昔は、精神病というと、気がふれたなどの偏見がありましたが、近年は、うつ病や神経症などは、脳の伝達物質・セロトニンなどの異常によって起こるものもあるなど、科学的要因も明らかになってきました。 以前に比べて、精神科、神経科、心療内科などの医院などにかかることが一般的になり、患者数も増えてきています。

精神科・神経科の診療の流れ

まずは、診察の予約をとります。医院に行き、問診票の記入後、診察を始めます。診察は例えば、頭痛で診察に訪れた場合、診察の結果、ただの風邪による頭痛なのか、それともストレスなどによる頭痛なのか等、症状の原因を診ます。そして、診察に基づき、一般心理療法、行動療法、薬物療法などの治療をします。

精神科・神経科での治療方法

精神科・神経科で施される治療法はどういうものでしょうか。基本的に一般心理療法、薬物療法、行動療法などの治療をします。

一般心理療法
医師またはカウンセラーが、患者の話を聴くことで、悩みや問題点を一緒に解決していく治療法です。悩みや問題点に沿って、どのように治療をしていくか決まります。

薬物療法
症状に応じて、頭痛薬や痛み止めなどを処方します。 強いストレスがかかっている場合は、向精神薬を処方する場合があります。この薬は、ストレスや悩みが患者の心の中に入ってくるのを防ぐ役目を果たします。薬によってストレスを防いでいる間に、すでにかかってしまっているストレスを取り除いてしまおうということです。

行動療法
プログラムを決めて、患者さんにプログラムに沿って行動してもらうことで、不安や恐怖を取り除いてしまおうという方法です。日常生活に支障をきたすような不安障害や強迫神経症などを克服するために、行動療法を行います。 また、心身の緊張を解くため、リラクゼーション法を取り入れることもあります。これは、リラックスをすることで、ストレスや不安を失くすことが目的です。

スポンサーリンク

2010 © 摂食障害の森 allrights reserved.