鬱病・軽うつ

摂食障害の森

鬱病・軽うつ

うつは脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下するために起こると考えられています。 うつは決して特別な病気ではありません。心の風邪と呼ばれるほど、誰にでも起こる可能性のある病気です。

ノルアドレナリン
脳内にある物質で、脳内の情報を伝えるホルモンの一種です。ノルアドレナリンはストレスを受けると、その刺激を伝達して交感神経系に指令を出すことで、興奮作用を引き起こします。

セロトニン
中枢神経系で情報を伝える神経伝達物質の一つです。睡眠、神経内分泌、体温調節、記憶や認知などの働きを調節します。

ノルアドレナリンやセロトニンの活性が低下すると、身体中のエネルギーが不足してきます。そして、行動力や意欲の低下、さらに思考力、集中力の低下、忘れっぽくなったりします。

欝(うつ)の症状

うつになると

  • イライラ感
  • やる気が出ない
  • 意欲の低下(興味が持てない)
  • 自責感や後悔を感じることが多くなる
  • 不安感
  • だるい
  • 眠れない
  • 食欲がない

といったようなネガティブ思考になったり体調不良になります。

鬱(うつ)の予防と対策

自分のストレスや不安の種が何か気付く
自分の生活や仕事で、何が重荷や負担になっているかを見極めましょう。 友達に話してみるのも良いでしょう。話すだけで、負担に気づくこともあります。何が負担が気付いたら、話すだけでも、それを取り除くことも可能です。自分の中に溜め込まないで、外に出すようにしましょう。

気分転換やリラックスをする
仕事が自分にとっての負担になっているのなら、休日はしっかりと休養しましょう。普段の仕事ではしないようなことをして気分転換をするのも良いでしょう。管理人は、主にデスクワークなので、気分転換にランニングをしたりします。走り終わった後はかなりスッキリしていることに気付きます。アロマセラピーも良いリラックス方法です。ハーブの中には、ベルガモット、マンダリンなど抗うつ作用があるものもあります。

規則正しい生活習慣
規則正しい生活リズムは、ストレスの軽減だけなく、精神的・肉体的な身体の休養になります。しっかりと栄養を取ることで、身体中の各器官を正常に機能させ、しっかりと寝ることで、脳や身体の休養や回復をすることができます。

心療内科で受診する
自分なりのストレス発散法やリラクゼーション、休養を取っても、どうしても疲れや体調不良を感じる人は心療内科や神経科へ行き、 医師に相談してみましょう。今、自分がどのような状態か、今後の対策はどうすれば良いのか、など治療のアドバイスを受けれるでしょう。

スポンサーリンク

2010 © 摂食障害の森 allrights reserved.