摂食障害のチェック方法

摂食障害の森

摂食障害のチェック方法

スポンサーリンク

ここでは、自分自身・また身近な人が摂食障害にかかっていないか?ということを確認する為に、簡単なチェック方法を紹介します。

拒食・過食共通チェック

  1. 自分自身ではなく、他人からの評価を最優先に行動する
  2. 高い美意識がある

拒食症チェック

  1. よく痩せていると言われるが、自分の体型には満足できていない
  2. 生理不順がある
  3. 食べ物について異常に興味を示すが実際に口に入れることはしない
  4. 体重が標準体重の 80% 前後の状態が3ヶ月以上続いている
    〈 標準体重計算式=身長(m)×身長(m)×22 〉

過食症チェック

  1. お腹は空いていないのに、何か食べていないと落ち着かない
  2. なぜか隠れてこそこそと、一人でしか食事を摂らなくなった
  3. 手の辺りに赤く丸っぽい傷やタコ(吐きダコ)がある
  4. 顔や足がいつもむくんでいるようだ

※上記の項目は全て、内科的な別の疾患がない場合を前提としています。

いかがでしたか?
4つ以上のチェックがあれば生活改善の余地あり、もしも10個全てなら、早急にお医者さんの診断を受ける必要があります。

特に拒食症の標準体重チェックは要注意!

80%でも充分に危険ですが、その体重が標準の60%になると、かなり高い餓死の危険が迫っていると言えます。

また、他人の意見を尊重すること、美しい体型への強い羨望意識がこういった病気を引き起こす元になるとは、普段ではなかなか気付き難いことですね。
こういったチェックを定期的に行なうことで、そのささいなシグナルに気付き早期の 摂食障害の治療 に繋げることが出来ます。

スポンサーリンク

2010 © 摂食障害の森 allrights reserved.