摂食障害の治療方法

摂食障害の森

摂食障害の治療方法

スポンサーリンク

摂食障害の治療で一番確実な方法は、やはり病院での治療・入院です。

一般の心療内科に通うことでも確かな効果は得られるはずですが、最近では、この病気の専門医や、カウンセラー・セラピストを配属している病院も少しずつ増えてきています。

通院を決める際には、まずこの摂食障害について詳しい知識を持った先生がいるのかをよく確認すると良いでしょう。

病院での治療は

〔 薬物療法 ・ 精神療法 ・ 行動療法 ・ 認知行動療法 ・ 身体的治療 〕

など、様々な治療を組み合わせて快方を目指します。

身体的治療

例えば" 身体的治療 "では点滴などで直接的に弱ってしまった体を回復させ、" 行動療法 "なら、その日自分が取り組んだ、治療に対する努力などを書き出してちゃんと自分を評価してあげる…などの治療を行います。

薬物治療

薬物治療に関しては、やはり摂食障害はメンタル面の状態と非常に関連の深い病気ですから、うつ病で用いられるものに近い治療薬を使用して回復をはかることになるでしょう。

入院治療

また 入院治療 になると、決められた時間に病院側から食事の提供があり、それによりゆっくりと適切な食事の量とバランスを体に覚えさせていくことになります。

拒食症の進行が進み、もう自分の意思に関係なく体が食べ物を受け付けない というような場合。― 過食症の進行から、強い自傷願望をどうしても抑えられないときなどは、速やかにこの入院治療を行なう必要があります。

摂食障害の治療ではまれに、患者とその周りの人間関係に ある程度距離を作った方が望ましい というような場合もあるので、そんな時もこの入院治療は役に立つでしょう。

スポンサーリンク

2010 © 摂食障害の森 allrights reserved.