摂食障害治療と入院

摂食障害の森

摂食障害治療と入院

スポンサーリンク

現代ではある程度治療法も確立され、様々な面から治療的アプローチをとることが出来るようになった" 摂食障害 "。

例えば書籍などでも、著者の実体験を元にしたものなど有益な情報が詰まったものが数々発行されていますし、ネット上でも、この摂食障害についての無料カウンセリングや、情報交換の出来るサイトなどを結構簡単に見つけることができます。

こういった情報原から摂食障害への正しい知識を得て「自分には治療が必要なんだ」と気付くことが、この 摂食障害 を克服する為の大きな一歩になります。

摂食障害は、心の病。
心の傷を完全に治すには、根気強く、5年以上の長期的な治療が望ましいとされています。

まずは、今までの生活を見直して、その食事量と一般的な人の食事量の差に気付くこと。大元の原因のストレスを少しでも和らげること。

周囲の人達の理解があることも重要です。

摂食障害は、無理矢理その不食や拒食行為を止めさせようとしても、かえって患者に負担がかかるだけ。
まずはその症状を受け入れることが大切なんです。

また長引く治療に、患者さんが快方への兆しを見失いかけてしまった時も、そんな患者をしっかりと見守って一緒に治療に取り組んでくれる人が一人でもいれば、それは患者さんにとって大切な心の支えになるでしょう。

のんびりゆっくり、ちょっと自分に甘いかな?くらいの考え方で生活をしながら治療を重ねることが、快方へ向かうコツと言えるかも知れませんね。

スポンサーリンク

2010 © 摂食障害の森 allrights reserved.